​沖永良部マンゴー品評会

7年連続金賞受賞

​MADE IN OKINOERABU

 
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Black Facebook Icon
 

​RIPE MANGO

​— 完熟マンゴーの美味しさの秘密 —

完熟マンゴーの美味しさの秘密

マンゴー本来のとびきりのおいしさは

  枝から自然に落ちた実だけが持っています。

一般的な果物はハサミで切り取って収穫します。

しかしマンゴーは自然と枝から落ちて、一番おいしい時期を知らせてくれる珍しい果実です。

甘みが最高潮に達した「完熟」マンゴーの味は格別。

 

しかし世間に流通しているマンンゴーの多くは収穫された後、市場、店舗などを経て、ようやくお客様の手元に届きます。

そのため、完熟する前の未熟な状態で収穫・出荷せざるをえません。

 

田中マンゴー園では、本当においしいマンゴーを味わっていただきたいと考え、自然落果した完熟マンゴーだけを収穫・厳選し、その日のうちに出荷しています。

 

落果といっても地面に直接落とすわけではなく、完熟前にネットや袋で吊るしておき、落果するのをまつのです。

 

お客様に直接お送りするからこそ、完熟のとびきりおいしいマンゴーをお届けできます。

 

沖永良部島(おきのえらぶじま)の太陽をいっぱい浴びた、田中マンゴー園の「完熟マンゴー」をぜひ味わってみてください。

箱を開けた瞬間に喜んでいただきたいから、

厳しい基準をクリアしたものだけを出荷します。

もっと見る

朝取れ・鮮度

完熟したマンゴーは自然落果するので、毎朝ハウス内のマンゴーを一つずつ確認します。
収穫されたマンゴーはすぐに選別し、その日のうちにお客様へ発送いたします。

もっと見る

見た目の美しさ

味はもちろん、色艶も美しいのがマンゴーの特徴です。目で見て喜んでいただきたいので、色・形・大きさを厳選します。丁寧に取り扱い傷をつけません。美しい果実は贈り物にも喜ばれています。

もっと見る

​濃厚な甘み

マンゴーといえば、濃厚でとろける様な甘味と独特な芳香。

自社では、甘さはもちろん、味や香りにも自信のあるものだけを厳選してお届けしています。

​PASSION

— こだわりと情熱 —
1/11

おいしいマンゴーを作り続けるために

​譲れないこだわりがあります。

もっと見る

土づくり

秋から行う土づくりでは、土の状態をph検査、目視、触手確認して、その時の状況に合わせ改良します。沖永良部島の土は赤土で粘土質なので、水はけ、通気性なども年間を通して管理しています。

もっと見る

低木栽培

毎年10月、ハウス内の苗木を1mほどの高さに切り揃えます。
苗木の高さを揃えることで、太陽の光を均等にたっぷり浴びられ、色鮮やかで甘みの強いマンゴーが実るのです。

もっと見る

安心安全

安心して食べていただきたいので、農薬はできる限り使いません。病気になりにくい強い苗木を作り、ハウス内を常に清潔に保つことによって、病害虫の被害がないように管理しています。

もっと見る

自然受粉

マンゴーの花が咲く頃になると、ハウス内にミツバチを放ちます。人の手が加わらないので花を傷めません。ほとんどの花が自然に受粉し、たくさんの実をつけます。

もっと見る

ハウスの管理

マンゴーは、温度・湿度にとてもデリケート。天気や時間によって温度・湿度が変わりやすいので、換気扇を取り付けこまめに調整しています。時期や実の状態に合わせた水の管理も行います。

もっと見る

無加温栽培

冬期は暖房でハウス内を暖かくするのが一般的です。しかし沖永良部島は通年暖かいため、加温はせずに栽培します。暖房費がかからないので、おいしいマンゴーをお手頃価格で提供できます。

 
 
 

FARM

​— 田中マンゴー園について —
1/11

本当においしいマンゴーを作りたい。

お客様に笑顔になってほしい。

「本当においしいマンゴーを作る!」と決め、夫婦で始めたマンゴー園。

 始めた頃は、何もかもわからないことだらけで、勉強の連続でした。

 

本や資料をかき集め、マンゴー栽培について一からの学びです。

島ならではの栽培方法や管理方法など、先輩方の農園を訪問をさせていただき、様々なことを教えていただきました。

 

失敗も多々ありましたが、マンゴーを作り始めて2年目、島内で行われた「沖永良部島品評会」におきまして「金賞」を受賞できました。

 

おかげさまで7年連続金賞をいただいておりますが、これもひとえにご指導いただいた先輩方や皆様のおかげと心より厚く御礼申し上げます。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

農園歴10年目とまだまだですが、お客様に喜んでいただけるように、今後も「おいしいマンゴー」を真心込めてつくり続けていきます。

会社の沿革

 

2007年   5月 ハウス 18a アーウィンマンゴー 115本、キーツマンゴー 10本 植付け

2008年   8月 株式会社 田中マンゴー園 設立

2009年   7月 ハウス 17a アーウィンマンゴー 125本 植付け

        総本数 250本(アーウィンマンゴー 240本、キーツマンゴー 10本)

        沖永良部地区品評会において「金賞受賞」

2010年   8月 アグリフードEXPO東京 2010 出店

    12月     農業経営改善計画認定農園 認定

2011年   4月 低温蒸気処理装置導入(マンゴーの炭疽病抑制)

2012年   7月 本格的に収穫・販売を開始

2013年   3月 高温対策装置導入(ハウス内の高温対策)

2015年   7月 沖永良部地区品評会において7年連続 金賞受賞中

2017年 12月    ハウス 30a 増設(アーウィンマンゴー 120本 植付け)

  予定    総ハウス面積 65a
        総本数 370本(アーウィンマンゴー 360本、キーツマンゴー 10本)

 

1/6

降り注ぐ太陽と豊かな土

自然の恵みいっぱいの沖永良部島 

鹿児島県から南へ500kmにある奄美群島、沖永良部島(おきのえらぶじま)。

サンゴ礁が隆起してできたこの島は一年を通して温暖な気候で、

マンゴー栽培に適しています。

 

沖永良部島の土は「赤土」と呼ばれ、サンゴ礁由来の粘土質の土。

ミネラルなどを含み、堆肥性が良いため、マンゴー作りには最適です。

 

太陽の光と温かい気候、豊かな土でのびのびと育つ

田中マンゴー園のマンゴーたち。

沖永良部島の自然の恵みをぎゅっと閉じ込めて、格別な味になりました。

CONTACT

株式会社 田中マンゴー園

 

〒891-9101 

鹿児島県大島郡和泊町国頭2272番地

TEL  0997-92-1216

FAX  0997-921644

Mail  tanakamangoen@gmail.com

鹿児島県 奄美群島 沖永良部島

株式会社 田中マンゴー園

© 2016 Tanakamangoen All Rights Reserved.